泌尿器科・皮膚科・形成外科 新宿新南口徒歩30秒の新宿新南口れいわクリニック

BLOGブログ

SCROLL

BLOGブログ

2019.11.16 トピックス

膀胱炎

・膀胱炎は、膀胱粘膜に炎症が起こることにより、膀胱刺激症状(頻尿、残尿、排尿痛、尿意切迫感)、肉眼的血尿を起こします。時に微熱や下腹部痛を起こす事もあります。
女性の頻尿、排尿痛の多くが急性単純性膀胱炎であることがあります。

・原因は主に細菌感染、真菌感染です。これらの菌が尿道口より侵入します。
女性の場合は尿道口が肛門に近いことや、湿潤していること、月経等により菌が増殖しやすいことも発症の原因となっています。
また、原因の70%を占める大腸菌(Esherichia coli)は粘膜への付着力も高く、膀胱炎を繰り返す原因となっています。
排尿を我慢することでも、膀胱内で細菌が増殖し膀胱炎を起こしやすくなります。

・検査としては、尿検査にて細菌尿の有無を判断し、さらに再発性や難治性の膀胱炎では培養検査、薬剤感受性検査を行うことが重要となります。
出血性膀胱炎(肉眼的血尿、強い排尿痛)の場合には血液検査にて炎症反応、ヘモグロビンヘマトクリット値やBUN・クレアチニン値の測定が必要なケースもあります。
※放置することにより、発熱を起こしたり、腎盂腎炎を発症してしまう可能性もありますので、初期の段階での治療が大切です。
・治療は、一般的に抗菌薬の内服です。キノロン系やセフェム系の抗生剤を5日~7日内服します。症状の改善がない場合は抗生剤を変更する必要があります。

ACCESSアクセス

〒160-0022東京都新宿区新宿4-1-4 新宿南口ビル9階 JR新宿新南口より徒歩30秒

VIEW MORE

INFORMATION診療時間

ご予約のお客様はお昼休憩中も診察いたします。ご相談ください。

診療時間 日・祝
11:00-14:00 ● ● ● ▲ ▲
16:00-21:00 ● ● ● ▲ ▲
▲ 10:00-14:00 16:00-20:00