オンライン診療
ネット予約
tel:0363842445tel:0363842445

泌尿器科・皮膚科・形成外科 新宿新南口徒歩30秒の新宿新南口れいわクリニック

BLOGブログ

SCROLL

BLOGブログ

2020.06.13 トピックス

クラミジア尿道炎

クラミジアと淋菌は排尿痛やうみ、むずかゆさ等を生じる感染症であり、性感染症の中でもかなり罹患率が高い感染症です。
男性の感染では、尿道へ感染や精巣・睾丸部へ感染を起こします。女性では子宮内に侵入し、子宮頚管炎や骨盤内感染を発症することもあります。
特に注意すべきなのが、卵管や腹腔内の感染により子宮外妊娠や不妊症の原因になることもあります。
妊婦に感染すると絨毛膜羊膜炎を起こし流産の原因や赤ちゃんへの産道感染の原因にもなります。
クラミジアは排尿痛やうみの症状を起こしますが、淋菌感染に比べると症状が軽く、無症状に近い場合もあります。
尿道の違和感があり、検査にて尿道炎を疑う場合で数週間前に性交渉があるケースではクラミジアを疑う必要があります。

潜伏期間は性交渉から1週間から3週間程度です。
症状はないものから極わずかな場合はもあります。
またパートナー感染の場合は検査と治療が必要となるケースがあります。

検査としては尿を検査に出す方法です。細かいですが、数種類の検査法があり、感度がことなります。免疫クロマトグラフィ法は短時間での検査が可能ですが、核酸増幅法より感度が低くなります。つまり即日の検査では感度が低くなってしまいます。

治療に関しては抗生物質の内服になります。
症状が軽く、内服期間もあるため、途中でやめてしまったり、放置してしまうケースもみられますが、治療が成功しているかどうかの治療判定が必要になります。
しっかり治ったかどうかを確認するためにも、内服開始から2週間以降での治療判定が必要になります。

また再感染を防ぐためにも、パートナーの診断・治療が必要であり、特に女性の場合は無症状であっても不妊や子宮外妊娠の原因となることがあるため注意が必要です。

ACCESSアクセス

〒160-0022東京都新宿区新宿4-1-4 新宿南口ビル9階 JR新宿新南口より徒歩30秒

VIEW MORE

INFORMATION診療時間

ご予約のお客様はお昼休憩中も診察いたします。ご相談ください。

診療時間 日・祝
11:00-14:00 ● ● ● ▲ ▲
16:00-21:00 ● ● ● ▲ ▲
▲ 10:00-14:00 16:00-20:00