泌尿器科・皮膚科・形成外科 新宿新南口徒歩30秒の新宿新南口れいわクリニック

BLOGブログ

SCROLL

BLOGブログ

2019.10.30 トピックス

粉瘤(アテローム)

●粉瘤

・皮膚の真皮内から皮下組織にできる嚢胞状の腫瘤です。

コメドと言われる黒い点を中心に内部に発生することが多く、いずれも嚢胞の内容物は角質であり、粥状であるため、別名atheroma(アテローム:粥)といわれます。嚢胞が破れ、粥状の物質が外に出た場合に発赤、腫脹、疼痛を伴う強い炎症となります。

・治療は、主に形成外科医が行います。炎症が強い場合は小さな穴を開けて、内容物を出し、炎症を落ち着かせます。

炎症が落ち着き、内部に球状の嚢胞が形成されている場合は、再発を防ぐためにも嚢胞壁を含めて確実に摘出する必要があります。嚢胞壁が残っている場合は、その中に再度角質がたまり、再発を繰り返します。

摘出したものは、病理検査に提出し悪性腫瘍の否定をし、診断を確定させます。

ACCESSアクセス

〒160-0022東京都新宿区新宿4-1-4 新宿南口ビル9階 JR新宿新南口より徒歩30秒

VIEW MORE

INFORMATION診療時間

ご予約のお客様はお昼休憩中も診察いたします。ご相談ください。

診療時間 日・祝
11:00-14:00 ● ● ● ▲ ▲
16:00-21:00 ● ● ● ▲ ▲
▲ 10:00-14:00 16:00-20:00