公式インスタグラム
ネット予約
tel:0363842445 tel:0364278206

泌尿器科・皮膚科・形成外科 新宿新南口徒歩30秒の新宿新南口れいわクリニック

BLOGブログ

SCROLL

BLOGブログ

トピックス

ニキビ治療薬イソトレチノイン(アクネトレント)

難治性ニキビの改善・治癒をもたらす治療医薬品です。
皮脂腺を収縮させ、また角化を抑制することでニキビの出現を抑制します。
効果が非常に高く、リバウンドも起こりにくいため、欧米では20年以上の歴史を持つ「ニキビ治療の切り札」とも言われております。
強力な薬剤であるため、医師の指示の下、用法用量を守って使用していただくことが重要です。

ニキビ治療薬イソトレチノイン(アクネトレント)とは?


ニキビ治療薬(アクネトレント)はイソトレチノインというビタミンAの一種で、皮脂の分泌を抑える作用、アクネ菌に対する抗菌作用、抗炎症作用に優れているため、重症の炎症性ニキビに対して効果があります。

イソトレチノインは海外で、中等度~重度のニキビ治療に広く用いられ、欧州や米国の治療ガイドラインでは高いレベルで推奨されており、全世界で30年以上前から使用されています。

使用した90%以上の患者様で改善が見られ、再発率は30%以下という報告があります。また、残念なことに1~2%の患者さんには、全く効果が認められないことがあります。

1日1回1錠を食後に内服し、治療開始後1ヶ月間は、約3割の患者様に一過性のニキビの増悪(好転反応)が認められます。個人差にはなりますが、16~24週間ほどで効果が期待できます。早い方では4~12週間で効果があらわれます。

皮膚の状態や副作用の有無を診察して、ニキビの改善が乏しい場合には増量していきます。推奨用量は0.5mg~1.0mg/kg/日で、極量は2mg/kg/日です。

通常6ヶ月を1クールとして内服を終了します。

ニキビ治療薬イソトレチノイン(アクネトレント)の作用とは?

アクネ菌を殺菌する作用がある抗生物質や、ホルモン剤、ステロイドなどの成分は含まれていません。
主に以下の3つが知られています。

細胞を正常化

細胞に働きかけて、皮脂腺や表皮細胞を正常化にする働きがあります。
ニキビの原因は皮脂腺が発達することで、皮脂分泌が過剰になり悪化することが多く、アクネトレントで皮脂腺を収縮することで正常にします。

また、治療終了後も、正常化している割合が多いと報告されております。皮脂腺が正常に働くことで、異常な角化(皮膚が厚くなり、毛穴がつまる)が起こらなくなり、ニキビの炎症が起こりにくくなります。

皮脂腺の退縮

直接的な抗菌作用はありませんが、皮脂腺を退縮させ、皮脂分泌を大きく減らす作用があります。この作用により、ニキビの原因となるアクネ菌の数を減らすことができます。
服用終了後もある程度は皮脂量の減少が継続されます。

抗炎症作用

ニキビの原因であるアクネ菌に対する細胞の免疫応答を正常化する「免疫調整作用」を有することも報告されています。
つまり、アクネ菌に対して免疫をつけ、炎症を起こしにくくすることによって、ニキビの悪化を防いでくれます。

ニキビ治療薬イソトレチノイン(アクネトレント)の適応とは?

以下の方におすすめします。

  • ✔中等度~重度の慢性的なニキビで悩んでいる方
  • ✔強いしこりや凹凸のニキビが出来てしまう方
  • ✔治療をしたがニキビの改善が見られなかった方
  • ✔ニキビが悪化してきた方
  • ✔保険治療が無効であり再発を繰り返す方

 

ニキビ治療薬イソトレチノイン(アクネトレント)の副作用とは?

アナフィラキシー、抑うつ状態、眼疾患、肝機能障害、腎機能障害、視力障害、胸の圧迫感、息切れ、喘鳴、肌の乾燥(特に口周囲)、口渇、発疹、頭痛、吐き気、下痢、嘔吐、脱毛、過度の発汗、関節炎などが生じることがあります。

ニキビ治療薬イソトレチノイン(アクネトレント)との併用に注意な薬剤・治療とは?

以下の薬剤・治療とは併用出来ませんのでご注意ください。

  • ✔ミノマイシン・ビブラマイシン等のテトラサイクリン系の抗生物質
  • ✔サプリメントを含むビタミンA製剤
  • ✔フェニトイン、ステロイド

 

ニキビ治療薬イソトレチノイン(アクネトレント)の治療が受けられない方は?

  • ✔15歳未満の方
  • ✔アレルギーのある方
    (アスピリン喘息のある方、パラベン・大豆・ピーナッツアレルギーのある方)
  • ✔フルクトース不耐症の方
  • ✔精神疾患をお持ちの方
  • ✔妊娠中/妊活中/授乳中の方
  • ✔炎症性腸疾患をお持ちの方など
  • ✔レーシック手術の前後6ヶ月の方

 

持病、既往歴、アレルギー、内服薬・外用薬、妊娠・出産、その他お客様のお肌の状況によっては医師の判断により施術をお断りすることがございます。
また、内服中から内服終了後6ヶ月は避妊する必要するがあります。
また、肝腎機能悪化のリスクや血糖値上昇のリスクがあるため、肝腎機能異常がある方や糖尿病の方は内服に注意が必要です。
18歳未満の方は初診時には保護者の方と同伴でなければ、薬の処方はできません。再診時はご本人だけでも診察可能です。

ニキビ治療薬イソトレチノイン(アクネトレント)の治療・通院の流れは?

内服薬の処方には、必ず医師の診察が必要となります。

通常6ヶ月を1クールとして内服を終了します。
ニキビの治りが悪い場合、8ヶ月間に延長することもあります。

個人差はありますが、内服終了後3~5年ニキビができにくくなります。
気になるほどの再発がある場合は、1クールの治療終了後、最低でも2ヶ月間(できれば4ヶ月間)の休薬期間を取り、2クール目の治療を行うかどうかを検討します。

ニキビ治療薬イソトレチノイン(アクネトレント)の費用は?

20mg/1ヶ月30日分 ¥12,800 (税込)
40mg/1ヶ月30日分 ¥25,600 (税込)

渋谷センター街
れいわクリニック

ACCESS

〒150-0042渋谷区宇田川町24-4センター244ビル5階

スクランブル交差点 徒歩30秒

VIEW MORE

INFORMATINOM

診療時間 日・祝
11:00-14:00
16:00-18:30
18:30-21:00

▲ 10:00-14:00 16:00-20:00

※当院は完全予約制ではございません。初診の方もご予約なしでの診察可能です。